片づけ

【実録】長年放置してきた大量のコンクリートブロックを処分しました

あなたの家には長年使いもしないのに放置しているものはありませんか?

片付けてスッキリしたいけど、片付ける量がありすぎて気が重い。💦
やろうとしてもどこから手をつければいいか分からない💦
そんな状態で、私は長年ガラクタを放置してきました。

しかし、あることをきっかけにガラクタを処分することにしたんです。

ガラクタって?

・あなたが使わないもの、好きでないもの
・整理されていない、乱雑なもの
・狭いスペースに無理に押し込まれたもの
・未完成のもの、全て

未完成なものとは、壊れた引き出し、水漏れする弱口、とれたボタン、ジャングル化した庭の手入れなど。家の中で半端にしておいたものは、人生の中で半端にしておいたものであり、それによってあなたはどんどんエネルギーを吸い取られていきます。これらのものを放っておいては人生の前進の妨げになるでしょう。

「ガラクタを捨てれば自分が見える」(カレンキングストン著)

わが家のガラクタ

わが家は元々、夫の祖父母が住んでいた家で築40年以上たっています。
敷地内にはもみじや松の木などが植えられ畑があります。祖父は庭いじりが好きだったようで物置や園芸用品が沢山置いてありました。しかし年数がたって物置もボロボロ。庭のあちこちに使わないコンクリートブロックが山積み状態で放置されていました。そして、入居してから10年経ちますが、あまりにもブロックの数が多すぎてその存在を無視して過ごしてきました。

大量のコンクリートブロックの写真

庭のあちこちに放置されていたブロックを一カ所に集めて数を数えてみました。
するとその数、なんと276個!

いや〜家の前に出すだけでも一苦労。💦

なかなか行動にうつせなかった私を後押ししてくれた片付け本

なかなか行動にうつせなかった私の心を突き動かした本、それが「ガラクタを捨てれば自分が見える」カレンキングストン著)です。
この本は風水的な視点からみた片づけ本です。家のどこにガラクタがあるかで、その人の運気が分かるという内容です。
この本は読むと、なぜか無性に片づけをしたくなる本です。

今まで色々な片づけ本を読みましたが、こんなにも片付けをしたい思いに心が突き動かされたのは初めて。
本のレビューでも、”読んでる途中で片付けをしたくてたまらなくなった”とありました。本に感化され片づけをしたくなったのは私だけじゃないですね。

しかもこれを読む1ヶ月ほどの間、立て続けにいくつか嫌なことが起こったんです。「本当に運が悪いな〜なんで?」そしていつもは結構前向きな私ですが、なかなか気持ちを切り替えられずにいたんです。
そんな不運な状況に合わせて、この風水的なお片づけの本との出会い。これがベストマッチして「とにかくやってみよう!」という気持ちになりました。

風水定位盤と物があり、これにそって我が家を検証してみると古い物置がある所やコンクリートブロックが積まれていたな所は、繁栄、財産、豊穣、幸運に影響する大切な場所でしたこの本によって片づけたい場所が明確になり、実際やってみてどうなるか実験的にやってみたくなりました。

実際に大量のコンクリートブロックを処分してみて

自分がやったことは意外に少なかった

私の最初の一歩は、夫と義理の父に相談することから始まりました。
相談してからは本当にことが進むスピードが早かった。
私がやったことは、処分の方法を調べたり、業者さんとの日程を段取りしたりぐらい。
それ以外の力仕事、技術が必要な所は夫、義父が中心にやってくれました。
自分がやったことは意外に少なかったです。
私は自分でなんでもやってしまう所があります。しかし問題を一人で解決しようとせず、もっと周囲の人を信じて他力を使うことも大事ですね。

最初の一歩はとても簡単なことだったのに、
なぜこんな簡単な一歩がなかなか踏み出せなかったのか?

・こんなにたくさんのものを処分した経験がない。
・処分するのにどれだけの労力とお金がいるのか検討がつかない。

誰だって初めての経験には不安はつきものです。しかも、ものを手放す行為は罪悪感と不安との戦いなのです。しかし片づけの経験が少ないから不安も大きくなかなか行動できないのだと。
大切なことは不安はつきものだと意識して、不安を感じながらも小さな一歩を踏み出すことです。実際に行動してみた人は分かると思いますが、行動してみると「思っていたより、簡単にできた。行動してみたら意外にたいしたことなかった」と感じると思います。最初から片づけられないのは当たり前。経験を積めば必ずできるようになると思って、最初の一歩を踏み出しましょう。

ブロック処分業者さんにも感謝

2人の男性と私の3人で4トントラックにブロックをのせるのですが、来ていただいた男性がこれまた豪快でどんどんブロックをトラックに投げ入れていました。ブロックの重さはなんと10キロ!これをまさか投げ入れるとは思いませんでしたが、手慣れた感じで作業をしてくださりました。
今回は自宅までトラックで来ていただいたので、運搬費と処分代含め4万円。これが高いのか安いのかは個人差があると思いますが、自分たちで簡単に処分できず困っていたので本当に助かりました。コンクリートブロックは破砕処理工程後、再生砕石となり再利用されるようです。コンクリートはアスベストの問題もあり、再利用することが果たして良いかどうかは分かりません。
ですがブロックの処分は業者さんがいなかったらできなかった。
業者さんに対してもとても感謝の気持ちが大きかったです。

片づけで得られたもの

今回の古い物置とコンクリートブロック処分で私が得られたものがたくさんあります。
・スッキリとした空間が得られた。
・空いた空間に何か花でも植えようかとワクワクした気持ちが湧いた。
・見るたびに嫌な気分にさせる物がなくなりストレスがなくなった。
・力を貸してくれた人や業者さんに対する感謝の気持ち。
・片づけに対する苦手意識が減る。
・「やればできる」という自信。
・人生に前向きになった。

あなたの家にも長年、使いもしないのに長年処分せずに置いてあるものはありませんか?
もう一度 家の中をよく見回して考えてみてください。

もしあるならば多少お金がかかっても、とっととやってしまうことをおすすめします。
使わない物、古くて使えないもの(がらくた)を処分することで、前向きに人生を歩めるようになります。

まずは一カ所にしぼってガラクタを処分してみて下さい。
一カ所やってみてどんな変化が自分に起こるのか、感じてみて下さい。

良い変化があれば、また次にやりたくなるものです。
そうやって片づけで起こる変化を感じ楽しみながらやってみてくださいね。☘

関連記事

  1. 片づけ

    使っていない物を手放し、住まいの波動を整えていこう。

    先日、実家に帰省した時、母がリサイクルショップにだしてほしいと言って…

  2. ものを捨てられない

    片づけ

    物が捨てられないと悩むあなたにオススメの本

    こんにちは。チャレママです。😁今まで様々なお片づけの本を読んでき…

  1. 家の外 きれいにしてます? イラスト

    住まい

    家の外はその家の顔 もっと意識を持って整えよう!
  2. だしのとり方

    心地よい選択

    だしのとり方を変えて家事が楽になりました
  3. 住まい

    【実録】心落ち着くシンプルデスクのすすめ
  4. 書類を減らす4つのステップ イラスト

    ミニマムライフ

    書類を減らす4つのステップ
  5. 素直さこそ最強の武器である 本の写真

    よんだ本のこと

    みんなの意見より心の声を聞こう。これからの時代に必要な「素直さ」とは?
PAGE TOP