苦手な家事を好きになるコツ イラスト

未分類

家事に対して「嫌だな〜」という感情を持っていた私が家事を好きになった方法

こんにちは、チャレママです☺

私はどちらかといえば家事が苦手でした。苦手なことに向かう時って結構エネルギーを使うんですよね。
でも私が置かれた状況では私が家事をやらないわけにはいかなかった。

結婚当初は恥ずかしながら家事をしながらイライラしてパートナーにあたるなんてことも💦
でもこのままじゃ自分のためにも良くない。

そう思ってからはこの「嫌だな〜」を「楽しい」に変える努力をコツコツしてきました。

自分が家事に向かう中で「なんか嫌だな・・・」と思うマイナス感情にとことん向き合い、今では「嫌だな〜」という感情が減って「結構楽しいかも!」に変わっていったんです。

私と同じように家事に対してマイナス感情を抱きやすい方に向けて、今までやってきたことを書きたいと思います。
あなたの生活が少しでも心地よくなるためのヒントになれば幸いです☺

家事に対するプラスの感情を増やす

自分の気分が上がるものと組み合わせることで家事時間を楽しむ。

夫は会社員ですがお弁当を持っていくので、朝ごはんとお弁当づくりから、私の朝は始まります。その朝の家事時間が少しでも楽しくなればと思って始めたことが、興味のあるポッドキャスト(ネットで公開されている音声データ)を聞き流すことでした。ちょうどその時、経済ニュース番組で聴きたいものがあったので、2年ぐらい同じ番組を聴いていました。
自分の勉強(興味のあるもの)と家事を組み合わせたことで、毎日あれだけ嫌だった家事時間が確実に楽しい時間に変わっていきました。そして自分の中に知識も増えていくことで充実感もあったことは確か。

ただある時、気づいたんです。ニュースっていいニュースもあれば、悪いニュースもあってニュースの内容によって感情がマイナスに傾く時もあるって。
それに気づいてからは、ニュース番組を聴くのをやめて、自分の気持ちが明るく前向きになるものを聞くように
聴いて自分の感情がプラスになるなら、同じものでも何回も何回も聞き流しました。そしたら、自分の中にあったマイナスの考え方がプラスの考え方に変わり、仕事や子育てなど他の面でも良い影響がたくさん出てきたんです。

興味のあるものも良いですが、自分の感情がマイナスにならないような内容のものを聞くことをオススメします。
例えば英語が話せるようになりたいと思って、英語の教材を聞き流す。でもそこに少しでも「嫌だな〜」の感情が少しでもあればやはり、内容を変える。

そんなふうに自分の心の声を無視しないで、自分が「気分がいいな〜そして前向きになるな〜」と感じるものを、家事と組み合わせることを是非やってみてください。

気分が明るくなる音楽もオススメです!

気分が上がるものには投資を惜しまない

少し値段が高くても日々、家事で使う道具にはこだわるようにするとプラスの感情が湧きやすいです。ストレスなく使える。使いやすい、丈夫で長持ち、デザインが好き。そういうものが毎日使うもので増えると、本当に家事が楽しくなります。
それから私はなるべく無駄なものにはお金を使いたくないという考えが強かったのですが、ある時、雑貨屋さんで「これ素敵だな!」と感じた植木鉢(観葉植物)に出会い、買うか迷いましたが思いきって買ってキッチンに置いてみたんです。そしたらすご〜く気分が上がりました。一見無駄かなと思うものでも、それを見て毎日気分が上がるなら、お金を出して買う価値は高いのでないでしょうか?
そんな風に少しづつ自分の気分が上がる心地の良いものがある環境をつくることで確実に家事時間が楽しくなります。

家事の後は自分に小さなご褒美を

朝起きてから9時くらいまで約2時間ほど家事をすると、結構エネルギーを使います。家事をしながら夫と子どもたちを送り出した後は自分に対して「今日もあさ家事やってえらいね〜お疲れ様」とお茶やコーヒーを自分に入れて、小さなご褒美を与えるようにしました。自分で自分をねぎらう、いたわる、褒める・・・。
そんな自分を大切にする小さな習慣が身につくと、いいことがたくさんあります!
これができるようになると”いつでも自分で自分にエネルギーを入れることができる人になれる”ということなんです。
こんな風に私は「ちょっと疲れたな〜」と思ったら、自分で自分のご機嫌をとるようになってイライラすることも減りました。

家事に対するマイナス感情を減らす

小さな「嫌だな・・」を無視しない

毎日続く家事の中で、「なんとなく、やりにくいな〜毎回いつもここで不便を感じる」ってこと、ありませんか?
私はこの「なんとなく不便だな〜やりにくいな〜」という心の声に耳を傾け、コツコツ改善するようになって随分と毎日の家事が楽になっていったんです。毎回、やりにくいな〜」と感じることを放っておくと、毎回ストレスを積み重ねることになります。ちょっとしたことでも不便を感じたら改良してみる。置き場所を変える。家事の手順を変える。お金をかけなくてもできることも結構あります。自分なりに小さな改良を繰り返し、少しでもストレスなくできる仕組みをつくることが、家事に対するマイナス感情を増やさないコツだと思います。

できるだけシンプルにすることで楽にする

もし家事に対してマイナスの感情があるなら、やはりできるだけやらない方向にしていくのがいい方法です。
だからと言って全くやらないわけにもいかないと思いますが、考え方ややり方を変えて家事を減らすことは可能です。
例えば、
・食事は和洋中つくっていたけど、和食中心に切り替える。→調味料が減る。調理器具もあれこれ揃えなくて済む。メニューを考えるのも楽になる。
・一品は手間のかからない料理にする。→調理の手間が少なくなる。調理時間が減る。
・持ち物を減らす→物を管理する時間や手間が少なくなる。

最低限やりたい家事は何か?重要度の低いものは何か?を考え重要度の低い家事は減らし、できるだけ家事をシンプルにすることでかなり家事が楽になります。自分の中で「こうしなければいけない」という固定概念があって、それが自分を苦しくさせているかもしれません。特にお料理は親の価値観を引き継いでいることが多いと思います。うちの母は料理が上手で品数も多い。でも同じようにやろうと思うと私は負担が大きくなるんです。人によって得意不得意は色々。なので、”母は母。自分は自分”と思って料理を作るようになって気持ちが楽になりました。

家族にも協力してもらう

家事は自分だけがするものではありません。もし家事負担が大きいと感じるのであれば、家族にも協力してもらうという方法もあります。私は最近、洗濯物をたたむ家事を少し手放しました。寝る前に子どもに自分の洗濯物をたたむ家事をさせるようにしています。
まだまだ上手にできない子どもに対してイライラしないように、とりあえず上手くたためていなくても「タンスに自分のものを入れればOK!」にしています。

ちょっとだけ家事を家族にしてもらうようになって「自分ばっかり大変だ」というマイナス感情が減っていき気持ちが楽になりました。

毎日する家事をいかに楽しくするかは工夫次第。
どうせやるなら毎日楽しくやりたいですよね。

あなたの家事に対するマイナス感情が少しでも減るヒントになれば幸いです。✨

関連記事

  1. 目標設定のコツ ちょっとだけむずかしいこと

    未分類

    やる気が続く目標設定のコツ〜ちょっとだけ難しいことに目を向ける

    こんにちは。チャレママです。☺子どもたちの遊ぶ様子を見ていていつも感…

  2. 楽しい予定 イメージ

    未分類

    少し先に自分が楽しいと思う予定を入れて、ワクワクする気持ちを取り戻そう!

    こんにちは、チャレママです。😀質問です。あなたが最近、気持ちがワク…

  1. 白山比咩神社4

    石川県

    石川のパワースポット 白山比咩神社
  2. 減らす技術 本の表紙

    ミニマムライフ

    なぜ減らすことで豊かになれるの?
  3. マイバック

    社会創造

    食品以外の買い物でもマイバックを利用しやすい世の中に。
  4. だしのとり方

    心地よい選択

    だしのとり方を変えて家事が楽になりました
  5. 素直さこそ最強の武器である 本の写真

    よんだ本のこと

    みんなの意見より心の声を聞こう。これからの時代に必要な「素直さ」とは?
PAGE TOP